やせたまま」の生活を習慣化させるためには

正しいダイエット方法を実行してもなかなかうまくいかない人は、自分の「意思の弱さ」や「やる気不足」に原因があると考えていませんか? ダイエットを続けるために必要なのは、このような意思力よりも「習慣化」させることなのだと言います。今回は「習慣」の重要性を、具体的な例をあげて解説していきます。
「みんなの健康づくり」のプロ、予防医学研究者である石川善樹さんが、最新の生理学、脳科学、疫学研究、心理学、行動科学などを駆使して、ダイエットに成功するために、必要なことを解き明かします。もう絶対リバウンドしない、その名も『最後のダイエット』ぜひお試しください。

そもそも「やる気」は頼りにならない

 前章では、「減量シミュレーター」を使った、正しいダイエット方法をお伝えしました。これを、「ちゃんと実行できれば」、確実にやせられます。

 しかし、問題はその、「ちゃんと実行する」ということですよね。

  今までダイエットに失敗したことがある人は、自分は「意志が弱い」「やる気が足りない」のではないかと思っていないでしょうか。周りでうまくいっている人を見て、「自分と違って、意志が強いから……」と思ったことは、ありませんか?

 たしかに、まれにすごく意志が強いひとというのはいますが、私も含めて、ほとんどのひとの意志の力というものはあてにならないものです。ひとは嫌なことを続けることができないのが普通なのです。

 そこでこの章では、意志の力に頼らずにダイエットを続けるための方法を解説します。最新の脳科学や心理学の研究から、物事を「続ける」ための方法がかなりわかってきました。一流のスポーツ選手や研究者が努力を続けることができるのは、彼らの意志が強かったということはあるのですが、こういうやりかたを自然に知っていたからということも大きいのです。

「意志の力」は限られた資源

 最新科学での最近の意志についての最大の発見は、「意志力」は有限だということです。ひとが一日に使える意志の力は、体力と同じように、使うと減っていき、寝て回復するまでは少ないままになるのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
最後のダイエット

石川善樹

最新の生理学、脳科学、疫学研究、心理学、行動科学などを駆使して、「みんなの健康づくり」のプロ、予防医学研究者である石川善樹さんが人類史上最大の難問であるダイエットに解き明かしました! もう絶対リバウンドしない、その名も「最後のダイエッ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kurokikoichi やる気をあてにせず習慣化すると。仕事術的なノウハウでも同じ話を読んだことがある: 4年弱前 replyretweetfavorite