新訳 世界恋愛詩集

十六歳、君は遠く」李白

遠くに旅立った愛する人を、あなたはどれほど長く待つことができますか?
その人生の大半を放浪の旅と詩作に費やし、杜甫と並び中国の最も偉大な詩人と称される李白。“詩仙”とも呼ばれる彼の残した五言古詩「長干行」が菅原さんの超訳により現代に甦ります。
Superflyの作詞などでも話題を集める詩人・菅原敏さんが、古今東西の詩人の作品に新訳という名のオマージュを捧げる本連載。気鋭の現代美術家・久保田沙耶さんのアートワークとともにお楽しみください。


あのころふたりは幼くて
男と女 なんて知らずに
野山をめぐった 私たち


十四歳
私はあなたの妻になり
恥ずかしさに はにかんで
あなたを見れず 壁を向いたきり
1000回呼ばれて ようやく一度ふりかえる
そんな私の毎日でした


十五歳
私の顔にほほえみ生まれ
この先 なにが起ころうと
いつかふたりが 灰になっても
混ざり混ざって 側にいたいと
願っていた私でした


十六歳
あなたは遠くへ旅立ちました
水の流れの危険な場所へ
家の前に残されたのは
旅立ちかねて 行きつ戻りつした
いくつかの あなたの足跡



そして私は
どれだけの歳月を待ったのでしょうか
あなたの残した足跡の ひとつひとつ
緑の苔が ふかくふかく覆い尽くして
野猿の鳴き声だけが 空に響くのです


もうこれ以上 私は年をとりたくない

あなたのいない 鏡の中で



「十六歳、君は遠く」


李白(701~762)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新訳 世界恋愛詩集

菅原敏 /久保田沙耶

あまたの恋を書き残してきた、かつての詩人たちに、新訳という名のオマージュを。『新訳 世界恋愛詩集』は気鋭の詩人、菅原敏による新連載。いにしえの恋愛詩の輪郭を、菅原敏のいまの言葉でなぞっていきます。古い詩集に絵の具を落とし、新たな色で輪...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

alpha_at37 李白。名前は知ってるけど作品知ってるか?と聞かれると黙っちゃうわ。切ない。 「十六歳、君は遠く」 https://t.co/Z57oD12Yhh 10ヶ月前 replyretweetfavorite

sayakubota 『十六歳、君は遠く』李白 もうこれ以上 私は年をとりたくない あなたのいない 鏡の中で 新訳 世界恋愛詩集 https://t.co/8Kqufao5XF http://t.co/5WYPUavwDy 4年以上前 replyretweetfavorite

sugawara_bin 『十六歳、君は遠く』李白 新訳 世界恋愛詩集|cakes(ケイクス) https://t.co/cub5FK7RNg 生涯の大半を放浪の旅に費やした詩仙・李白。今回は女性目線で描かれた一篇を。 http://t.co/sscy2InBck 4年以上前 replyretweetfavorite