あげまん」と「さげまん」

bar bossa店主・林伸次さんのコラム、今回のテーマは「あげまん」と「さげまん」のお話。夫や彼氏がどんどん出世していくのが「あげまん」、逆に落ちぶれていくのが「さげまん」と言われます。勝手に出世したり落ちぶれていくイメージがありますが、そこには理由があるのではないか、と林さんは言います。女性が「さげまん」にならないためにはどうしたらいいのでしょうか。

「あげまん」と「さげまん」って本当はどんな人?

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

先日、ある女性のお客さまからこんなことを聞かれました。

「林さん、あげまんさげまんって言葉あるじゃないですか。あれってどう思います? 私どうやらさげまんみたいなんですよね」

さて、僕はこういう難しい問題は、妻に聞くことにしていまして、家に帰って早速妻に「あげまん、さげまんってどう思う?」と聞いてみたらこんな答えが戻ってきました。

「あれって、さげまんって呼ばれる女性はダメな男を選んでいて、あげまんって呼ばれる女性は将来性がある男を選んでいるだけなんじゃないかなあ」

なるほど。だめんずという言葉がありますが、ダメな男を好きな女性っていますよね。そういう男を選びがちな女性を世間では「さげまん」と評価してしまうというわけでしょうか。すると妻がこんなことを言いました。

「『あげまん』って映画あったじゃない。あの中であげまん女性が国会議員になろうとする旦那に『一本、一本ちゃんと歯を磨きなさい。女性はそういうところを見てるんだから』って言ったら、その旦那が奥さんが忠告したとおりに素直に歯を一本一本磨くんだよね。あれ見て思ったけど、あげまん女性と成功する男性の関係は、男性がそういう忠告をされた時に、素直に実行できるかどうかじゃないかな」

なるほど。ではさげまん女性はどうなんでしょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nakamura001 |ワイングラスのむこう側|林伸次|cakes(ケイクス) https://t.co/F2elQQPTrM 興味深い話 1年以上前 replyretweetfavorite

sananchi “あげまんって呼ばれる女性は将来性がある男を選んでいるだけなんじゃないかなあ” 1年以上前 replyretweetfavorite

takurokoma いいお話でほっこりした。 1年以上前 replyretweetfavorite

0501Can #あげまん #さげまん 1年以上前 replyretweetfavorite