思いつきで失敗した……」を防ぐ、魔法の言葉

良いアイデアをひらめき、すぐに行動に移したけれど、結局うまくいかなかった……。このように「思いつきで行動してしまった」ことを後悔することはありませんか? 反対に、慎重に考えすぎて、他の人に先を越されてしまった……。つまり、「考えすぎて行動できなかった」ことを後悔することはありませんか? 実は、ある「魔法の言葉」を使うように心がけると、そんな悔しい思いをしなくても済むのです。

思考の広がりをストップさせる言葉とは?  

 言葉がけひとつで、思考が変わることを知っていますか? 思考が変われば行動が変わり、仕事の成果も変えることができます。

 たとえば、いつも思いつきで行動してしまって、あとで後悔する人。新しいアイデアや面白いことをひらめくと、急に気分が盛り上がって、前のめり気味で行動に移したくなるというケースです。

 このようなタイプの人は、次々とアイデアが浮かんではくるけれど、実際に行動に移してみると、「たいして良いアイデアではなかった」「結局、成果が出なかった」という結果に終わることも多いはず。中には盛り上がっただけで、行動にすら移さなかったというパターンも。上司からは「よく考えてから行動しなさい」と叱られることもあると思います。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
思いつきで行動してしまう脳、考えすぎで行動できない脳

菅原洋平

仕事がうまくいかない……。ビジネスパーソンであれば、誰もが経験する悩みです。仕事が思ったように進まず、安定的なパフォーマンスを発揮できなければ、ストレスも溜まりますし、会社に行くのも辛くなってしまいますよね。その原因は、能力? スキル...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ActiveSleep アイデアがポンポン出てすぐ行動するのにカラ回って疲れてしまう・・・。そんなときはこの一言をセリフの冒頭に言うと、前のめりになっている脳を一旦ストップさせて確実に実行に移せます。https://t.co/Kp0RXXCHAt 5年以上前 replyretweetfavorite