家族無計画

シングルマザーのリアル「ときめきメモリアル」

「ときめきメモリアル」といえば、有名な恋愛シミュレーションゲーム。男性主人公が女性キャラクターを攻略していくシリーズのほかに、女性主人公が男性キャラクターを攻略していく「ときめきメモリアルGirl’s Side」も人気です。一見「オタク向け」と思えるこのゲームを、実は家入明子さんもプレイしていたそうで……。

「ときめきメモリアルGirl’s Side」という女子向け恋愛シミュレーションゲームがある。主人公(私)が高校に入学し、3年間かけてあらゆる自分磨きをしつつ、最終的に狙っている男の子から卒業式に告白されるよう仕向ける、ざっくりいうとそんな趣旨のゲームである。

もう少し補足すると、自分磨きのためには「ストレス」「学力」「運動」「流行」「リッチ度」「芸術」「気配り」「魅力」と、非常に細やかにカテゴライズされたパラメータが指標となる。ゲーム中はこれが絶えず画面片隅に表示されていて、自分の状態が常に見えている。「運動」ばかりやっていると「学力」は下がるし、服をたくさん買えば「流行」が上がるのと引き換えに「リッチ度」がダダ下がる。これは現実の世界で、意中の男子にアピールする上でも有効なのであって、スポ根男子を狙っているのに勉強ばかり頑張っても無意味だし、アーティスト気質の男子を落とすには芸術に秀でている必要があるというわけだ。このパラメータとは別に、狙っている彼とのラブ度を示すゲージもあって、定期的に発生する会話やイベント時の振舞いによって値は上下する。つまりは、ニーズに応じた自分磨きと、実際に接触した際の好印象を蓄積させて意中の男子を落とすのだ。

念のために言っておくと、こういったバーチャルな青春に一喜一憂していた私のリアルな青春がさぞ暗澹たるものだったろうという心配はご無用である。なぜなら私は、出産直後の、絶賛子育て真っ只中という時期にこのゲームに精をだしていたからである。……それもそれでどうかという声はさておき、乳幼児と付き合っていると、スケジュール通りとはいかない隙間時間があちこちに発生するので、昼間でも夜中でも都合をつけて付き合ってくれるゲームは当時の私のベストフレンドだったのだ。

そうはいっても、やっぱりいつしか飽きる。全くプレイしなくなってから、気がつけば早10年。すっかり記憶の彼方に押しやられていた「ときメモGS」の話をなぜ今更持ち出してきたかというと、最近しばしば私の脳内スクリーンに、あの「ときメモGS」のパラメータが出現するからなのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

強く愉しく新しい“家族論”エッセイ、ついに書籍化!

家族無計画

紫原 明子
朝日出版社
2016-06-10

この連載について

初回を読む
家族無計画

紫原明子

「日本一炎上しがちな夫」こと、起業家の家入一真さんと結婚した家入明子さん。現在「ソーシャル主婦」として、家入家独特の育児の話や、夫婦間のデリケートな話題に切り込む記事をブログで発信し、話題となっています。そんな明子さんが、ブログよりも...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Dickey244 子供子供と舐めていたらだめなんすね、って学び。 2年以上前 replyretweetfavorite

hiromi_kishi 子どもを育てるって大変、だけど素敵だな 2年以上前 replyretweetfavorite

YukariWatanabe フリーランスと子育て家事のバランスとか、子供からもらう愛のありがたさとか頷くことばかり> 2年以上前 replyretweetfavorite

_daisylily "シミュレーションゲームの外、目の前にいる、私の生身の子供達は、私が彼らの母親であるというだけの理由で、枯れかけた泉に無条件に水を注ぎ、優しく潤してくれるのである。" http://t.co/DktUaoB2dq ああ。 2年以上前 replyretweetfavorite