Q.なぜ、クッキングパパは自分の料理好きをひた隠しにするのか?

話題沸騰の新連載「クッキングパパの謎」、二回目は主人公・荒岩自身のお話。連載開始当初、荒岩はかたくなに自分が料理好きであることを隠していました。最近では料理ができることは男子のモテ要素でさえありますが、そこには現代の視点ではわかりづらい、ある理由がありました。

A.いまから30年前、昭和の時代、しかも九州。照れと体面から、クッキングパパぶりを隠すしかなかった。カミングアウト後は、超のびのび!

クッキングパパ、荒岩は1985年の連載開始当初、自分が料理をする事を会社ではかたくなに隠している。毎日の完璧なお弁当は、誰もが荒岩の妻が作ったものだと思っているようだ。荒岩の弁当に異常な執着を示す上司の東山常務に弁当に入っているひじきを絶賛され「食べかけの弁当でもいいからくれ」と言われたときには「夕食に"うち"のやつにひじきのフルコースを作らせるので食べに来てください」と提案するも、妻の虹子の帰宅が遅くなり、訪れた東山常務に「奥さんは?」と尋ねられ「料理を作ってついさっき用があると出かけましてね、よろしくといっておりました」などと相当に苦しい嘘をつく羽目になる。

残業中、息子に食事を作るために中座するところを部下の田中に突っかかられ、
苦肉のごまかし。まだごまかし慣れしていない。 ©うえやまとち/講談社

普通なら家庭内で誰が料理していようと、喋らなければ他人の知ったことではない。しかし荒岩は、料理が好きすぎるあまりに、どうしても人にふるまいたくなる気持ちを我慢できない性分なのである。そこで、会社などで同僚たちに料理をふるまうときは、荒岩が料理をする事を知っているただひとりの部下、木村夢子を協力者とし、彼女が主に作り自分は手伝っただけということにしているのだ。夢子が作ったと言えないときは、どうしているのか……というと、咳払いである。咳払いというベタな方法でごまかし、周囲もコロッとごまかされていだまされる。


毎回こんな感じでごまかしていく荒岩。 ©うえやまとち/講談社

2015年の我々から見れば、荒岩がなぜこんな面倒なことをしてまで必死に料理をすること好きを隠すのか謎である。現在では料理をする男性はまったく珍しくない。不景気もあって、自作の弁当を持って通勤する若い男性も少なくはないだろうし、料理の得意な夫(やお父さん)なんてなんと羨ましい!!と思う女性も多いだろう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
クッキングパパの謎

澁谷玲子

開始から30週年を迎えた『週刊モーニング』の人気連載『クッキングパパ』。ガッチリとした体型としゃくれたアゴがトレードマークの無骨な九州男児・荒岩一味が織りなす、身近な素材を作って作った絶品料理の数々に、ヨダレを垂らしながら読んだ読者も...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

YaKa1224 1件のコメント http://t.co/t95D6jFQNx 約4年前 replyretweetfavorite

YaKa1224 1件のコメント http://t.co/t95D6jFQNx 約4年前 replyretweetfavorite

cafe_petit 知らなかった 約4年前 replyretweetfavorite

youyeshangmei ←完全カミングアウトは1996年か。生前の実母が「クッキングパパは自分が料理するのを秘密にしていて嫌」と言ってたのを思い出した。生きて見届けられるとよかったのにねえ。 約4年前 replyretweetfavorite