アラサーだからこそ楽しめる! パリジェンヌの服選び

パリのファッション事情を探るため、パリのオシャレスポット・マレ地区で、10代・20代に続き30代のパリジェンヌにも突撃取材した中村綾花さん。若者に比べてお金に余裕があるアラサー女性の服の買い方、そして流行とのつきあい方とは? 多様な価値観があるパリならではのフッション哲学が明らかに!

アラサーパリジェンヌのスーパーファッション

日本でベストセラーになっている『フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~』を読んで、「本当にフランス人は10着しか服を持っていないの?」という疑問から、これまでいろんなパリジェンヌたちにインタビューしてきました。

パリの女子高生は意外にもお小遣いを毎月5〜20ユーロくらいしかもらってないこと。限られた金額の中から自分に似合う服を選ぶ訓練を、子供の頃からしていること。

20代のパリジェンヌも洋服にかけられるお金は限られているので、いかに安いものでオシャレをするか工夫をしていること、センスを持っていること。そして、10代も20代のパリジェンヌたちはどちらも「自分のスタイル」をもつことを大切にしていることが分かりました。

引き続き今回は、30代のパリジェンヌに話を聞いてみることに!

パリのオシャレスポット・マレ地区で仲良くカフェでお茶をして席を立ったところの2人に声をかけると……。

パリのスーパーマーケットで売っている、かわいいエコバックはパリジェンヌの必須アイテム。

左のソフィーさん(27)は映画の編集者、右のジャニさん(30)は映画セットのインテリアのお仕事をされています。この日はお休みでマレに遊びに来ていたようです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hamanami 消費に流されるのではなく、しっかり地に足をつけて選ぶ。私はこういう冷静さを東京では一度も保てたことがありません 約2年前 replyretweetfavorite

chiyio1011 わたしちょっと服買い過ぎだ、気をつけよう QT 約2年前 replyretweetfavorite

ayakahan いよいよ公開!|[今なら無料!]生粋の日本育ち女子がのぞいた、常識やぶりなパリジャンたちの素顔 約2年前 replyretweetfavorite