堀込泰三

堀込泰三ほりこみ たいぞう

在宅で翻訳をしながら2児を育てるワーキング・ファザー。大学院修了後、大手自動車メーカーで開発職に携わる。2007年の長男誕生時には2年間の育休を取得。その後、子どもと過ごす大切な時間を増やすため退職し、「子育て主夫」に転身。退職と同時に翻訳を始め、現在は「ナショナルジオグラフィック」「ライフハッカー」などのメディアで翻訳記事を執筆している。著書に『子育て主夫青春物語』(言視舎)。秘密結社主夫の友CEO。