立川談慶

立川談慶たてかわ だんけい

1965年長野県上田市(旧丸子町)生まれ。 慶應義塾大学経済学部を卒業後、(株)ワコールに入社。 3年間のサラリーマン体験を経て、91年立川談志18番目の弟子として入門。 前座名は「立川ワコール」。 2000年に二つ目昇進を機に、立川談志師匠に「立川談慶」と命名される。 05年、真打昇進。慶応大学卒業の初めての真打となる。 著書に『大事なことはすべて立川談志に教わった』(KKベストセラーズ)、『談慶の意見だ 絵手紙集』(信濃毎日新聞社)がある。