大津秀一

大津秀一おおつ しゅういち

茨城県出身。岐阜大学医学部卒業後、内科専門研修を経て、20代で日本最年少のホスピス医(当時)となる。以来、ホスピスや往診クリニックに勤務し、1,000人以上の患者さんたちを看取る経験をしてきた。現在は、東邦大学医療センター大森病院緩和ケアセンターに所属し、センター長としてチームを運営している。日韓50万部のベストセラーになった『死ぬときに後悔すること25』(新潮文庫)や『「いい人生だった」と言える10の習慣』(青春出版社)など著書多数。ブログ「医療の一隅と、人の生を照らす」(http://ameblo.jp/setakan/)更新中。

最近更新した記事

もっとみる