望月諒子

望月諒子もちづき りょうこ

1959年愛媛県生まれ。神戸市在住。銀行勤務を経て、学習塾を経営。2001年、『神の手』を電子出版で刊行しデビュー。10年、ゴッホの「医師ガジェの肖像」を題材にした美術ミステリー『大絵画展』で第14回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。著書に『腐葉土』『田崎教授の死を巡る桜子准教授の考察』『壷の町』他。