矢野和男

矢野和男やの かずお

1984年、株式会社日立製作所に入社、日立製作所中央研究所、主管研究長。単一電子メモリの室温動作に世界で始めて成功。2000年頃からビッグ・データの収集、活用技術に取り組み、世界を牽引。論文引用件数は2500件を超え、特許出願も350件以上。IEEEフェロー、東京工業大学大学院連携教授などを兼任。工学博士。2007年EricePrize、2012年SocialInformatics国際学会最優秀論文など国際的な賞を多数受賞。

最近更新した記事

もっとみる