森博嗣

森博嗣もり ひろし

1957年12月7日愛知県生まれ。工学博士。 某国立大学工学部助教授として勤務するかたわら、1996年、『すべてがFになる』(講談社ノベルス)で第1回メフィスト賞を受賞し、ミステリィ作家としてデビュー。 以後、小説に限らずエッセィや新書などで数多くの作品を発表し、絶大な人気を博している。 近著に『「思考」を育てる100の講義』(大和書房)、『フォグ・ハイダ』(中央公論新社)、『ムカシ×ムカシ』(講談社ノベルス)などがある。

最近更新した記事

もっとみる