沖田修一

沖田修一おきた しゅういち

1977年生まれ。愛知県生まれ、埼玉県出身。日本大学藝術学部映画学科撮影・録音コース卒業。2002年、短編『鍋と友達』(02)が第7回水戸短編映像祭にてグランプリを受賞。2006年初の長編作品『このすばらしきせかい』(06)を監督。TVドラマの脚本・演出を経て、『南極料理人』『キツツキと雨』などの監督を手がける。昨年公開の映画『横道世之介』は、第25回東京国際映画祭の特別招待作品としてワールドプレミア上映され、第5回TAMA映画祭で最優秀映画賞と最優秀女優賞、第56回ブルーリボン賞にて最優秀作品賞、最優秀主演男優賞を受賞するなど、話題を呼んだ。