山田純

山田純やまだ じゅん

福島県生まれ。1978年、東京大学工学部電子工学科を卒業、松下通信工業に入社。自動車電話や携帯電話機器、デジタル移動通信システムの開発設計に従事した。1995年に退社し、アメリカのベンチャー企業Accessline Technologiesの技術部長に就任。NTTおよびNTTドコモとの合弁会社、ワンナンバーサービスの設立に参画。1998年、クアルコム ジャパン株式会社の立ち上げあたり、入社。標準化活動や新技術開発、新商品企画、通信事業者および携帯端末メーカーへの技術支援、アプリケーションプラットフォーム「BREW」の日本導入推進などを担当した。専務(執行役員)を経て、2005年に代表取締役社長、2008年6月に代表取締役会長に就任。2012年に代表職を退いて特別顧問に。