開沼博

開沼博かいぬま ひろし

福島大学特任研究員。東京大学大学院博士課程在籍。専門は社会学。著書に『フクシマの正義』(幻冬舎)、『「フクシマ」論』(青土社)、 『地方の論理』(青土社)など。震災前から原発にかかわる社会構造についての研究を重ね、その成果を『「フクシマ」論』として震災直後に発表、大きなインパクトを与えた。原子力ムラにとどまらず、不法就労や売春、偽装結婚など、社会の闇の部分にスポットを当て、精力的に研究を続けている。

関連している記事

もっとみる