木暮太一

木暮太一こぐれ たいち

1977年千葉県生まれ。慶應義塾大学経済学部を卒業後、富士フイルム、サイバーエージェント、リクルートを経て、独立。現在は、ビジネス書作家として活動しつつ、企業内・組織内での講演を多数行っている。 大学在学中に自主制作した「気軽にはじめる経済学シリーズ」が大学生協や一般書店で累計5万部を突破。著書は、『落ちこぼれでもわかるミクロ経済学の本』『落ちこぼれでもわかるマクロ経済学の本』『マルクスる? 世界一簡単なマルクス経済学の本』(マトマ出版)、『今までで一番やさしい経済の教科書』(ダイヤモンド社)、『マンガ+講義でよくわかる 経済学超入門』(東洋経済新報社)、『学校で教えてくれない「分かりやすい説明」のルール』など多数。

最近更新した記事

もっとみる