澤宮優

澤宮優さわみや ゆう

ノンフィクション作家。主にスポーツから文学、映画、歴史、教育まで幅広く執筆している。『巨人軍最強の捕手』(晶文社)で第14回ミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。主な著作に『この腕がつきるまで 打撃投手、もう一人のエースたちの物語』(角川文庫)『三塁ベースコーチ、攻める』『ドラフト1位 9人の光と影』『ドラフト外這い上がった11人の栄光』『中継ぎ投手 荒れたマウンドのエースたち』『ひとを見抜く 伝説のスカウト河西俊雄の生涯』(以上河出書房新社)『昭和の仕事』(弦書房)『戦国廃城紀行 敗者の城を探る』(河出書房新社)など多数。