養老孟司

養老孟司ようろう たけし

 1937年、神奈川県鎌倉市生まれ。東京大学医学部卒業。専攻は解剖学。東京大学名誉教授、京都国際マンガミュージアム名誉館長。1989年、『からだの見方』(筑摩書房/ちくま文庫)で、サントリー学芸賞受賞。ほか、『唯脳論』(1989年、青土社/ちくま学芸文庫)、『バカの壁』(2003年、新潮新書、毎日出版文化賞受賞)、『養老孟司の大言論(全3巻)』(2011年、新潮社)、『遺言。』(2017年、新潮社)など多数。

最近更新した記事

もっとみる