北野武

北野武きたの たけし

1947年1月18日、東京都生まれ。 漫才コンビ「ツービート」で80年代の漫才ブームを牽引し、その後日本で最も人気のあるエンターテイナーのひとりとなる。同時に俳優としても活躍し、多くの作品で印象的な演技、存在感を残し高評価を得る。 主な映画出演作に、『戦場のメリークリスマス』(83)、『夜叉』(85)、『JM』(95)、『ご法度』(99)、『バトル・ロワイヤル』(00)、『血と骨』(04)、『あなたへ』(12)、『劇場版 MOZU』(15)、『人生の約束』(16)、『女が眠る時』(16)、『ゴースト・イン・ザ・シェル』(17)の他、自身の監督作でも多数主演を務める。

最近更新した記事

もっとみる

関連している記事

もっとみる