清水克衛

清水克衛しみず かつよし

1961年、東京都生まれ。書店「読書のすすめ」代表、逆のものさし講主宰、NPO法人読書普及協会顧問。大手コンビニエンスストアの店長を10年務めたのち、1995年に東京都江戸川区篠崎で小さな書店を開業。「10年や20年前の本でも、大正時代に書かれた本であっても、その人が初めて読む本はすべて新刊」という信条のもと、常識にとらわれない知恵と情熱で商いを続けた結果、全国からお客さんが訪れる繁盛店となる。著書に『本屋さんがくれた奇跡』(イースト・プレス)、『「ブッダを読む人」は、なぜ繁盛してしまうのか。』『非常識な読書のすすめ』(現代書林)、『5%の人』『他助論』(サンマーク出版)、『魂の読書』(育鵬社)、共著に執行草舟氏との『魂の燃焼へ』、池間哲郎氏との『凛とした日本人になれ』(イースト・プレス)などがある。