碇策行

碇策行いかり かずゆき

極東の僻地、茨城県潮来市生まれ。キャバクラのマスター。 高校卒業後、飲食店勤務。24 歳で独立も好奇心が仇となり 10 年後には借金苦。 小学生の頃、父親が家を出て、中学生になると母親も蒸発。両親に裏切られたという思いの中で思春期を過ごす。そのつらい経験から「子どもを裏切らない」子育てを実践。 キャバ嬢と自分の育ちに基づいた子育てて、息子が現役で東京大学へ。 鹿嶋市のキャバクラ店長として働きながら、昼間は息子の出身校のサポーターとして奔 走する。

最近更新した記事

もっとみる