【これはプレビュー用画面です】
記事タイトル: アプガ、OK Go、平井堅、キュウソネコカミ……2014年を象徴する曲とは?
プレビューページのURL: https://cakes.mu/creator/posts/draft/5088?preview=2788f9acda9c
公開時のURL: https://cakes.mu/posts/7692

心のベストテン

アプガ、OK Go、平井堅、キュウソネコカミ……2014年を象徴する曲とは?

2014年を象徴する曲はなんだと思いますか? 「結局音楽を心底好きな人って少なくなった」「ハロウィン騒ぎに要対応」「OK GOの戦い方」「ノベルティソングこそがポップスだ」などなど、現場をガン見しているお二人による2014年の音楽シーンの総括を張り切ってスタート!
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典(しば・とものり)さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。


イラスト:長尾謙一郎

柴那典(以下、柴) 今年もあと少しということで、今年後半のグッときた曲を挙げつつ、2014年の音楽シーンを振り返っていこうと思います。大谷さん、どうでした?

大谷ノブ彦(以下、大谷) 実はね、今年痛感したのは、結局音楽を心底好きな人って少なくなったんだなっていうこと。
 もちろんライブとかの現場の熱量はすごいですよ。だけど、ロックフェスでも中堅バンドを観る人が少なくなったし、レジェンド系の大御所アーティストの動員も厳しかった。

 サマーソニックの動員は去年より減ってましたね。

大谷 トリのクイーンをちょっと観て帰った客、たくさんいましたからね。それだけで満足なんですよ。SNSに投稿するネタでしかないっていう。

 その代わりULTRA JAPANはチケット即完で盛り上がってましたね。ソニックマニアもソールドアウトだった。

大谷 いわゆるEDM系 のフェスですよね。そこにくるお客さんって、誰が出る、誰が出ないというより、その空間自体を楽しむようになっている。
※EDM:エレクトロ・ダンス・ミュージックの略。電子音を基調に主に4つ打ちにポップなヴォーカルがのったものが多い。

 ハロウィンの時に渋谷で騒いでた人たちと似た人種かもしれないですよね。そこに音楽があるか仮装があるかだけの違いで。

大谷 そう! 一緒なんですよ! ハロウィンの時はクラブもすごい盛り上がりだったし。ぼくらダイノジのDJもULTRA JAPANが明確な目標になった。エンターテイメントをやっていくには、今後、そこの人たちとちゃんと向き合わないと、先行きはどんどん厳しくなっていくと思う。
 だから、一曲目に紹介しようと思ったのが、アップアップガールズ(仮)の「Beautiful Dreamer」なんです。

大谷ノブ彦 PLAY→アップアップガールズ(仮)
「Beautiful dreamer」

 Base Ball Bearの小出祐介さんの提供した曲ですね。大谷さんの推すポイントは?

大谷 アップアップガールズ(仮)って、いち早くEDMサウンドをポップス化していたアイドルの一つなんですよ。激しくアガる曲が中心で、だからこそライブだとその中でBPMを落としたこの曲が映えるんです。
 でね、僕はそのライブを観ながら、ULTRA JAPANにアップアップガールズ(仮)が出たら大逆転なんじゃないか?って思ったんですよ。

 EDMフェスにアイドルが出たら、それは確かに新しいですね。でも可能性はある。

大谷 モーニング娘。もEDMを取り入れているし、ULTRA JAPANにはモー娘。もアリだと思うな。

 そうなったら、アイドルシーンも変わってきそうですね。今はなんだかんだ言ってもアイドルのお客さんしか相手にしていない。

大谷 そうなんです。だからハロウィンで騒いでたような人たちにちゃんと対応しなきゃいけない。

 音楽単体ではなかなかエンターテイメントにならない状況があるわけですね。

大谷 そう。これは大きなテーマですよ。これは現場にいて思うことなんだけど、そういう状況を深刻ぶって問題だって嘆くだけより、バンドやミュージシャンもその状況に対応するしかない。それはすごく大事なことなんじゃないかな。

柴那典 PLAY→OK GO
「I Won't Let You Down」

 僕も最近考えているのもそういうことなんですよ。音楽単体ではエンターテイメントにならない状況っていうのを、まさに体現しているのがOK GO。

大谷 まさにそうだ。

 このビデオ、かなり話題になったんですよね。反響も大きかったけれど、でも肝心の曲については誰も感想を言ってない。ほとんどの人が語っているのが撮影のテクノロジーとか演出のことばっかりで。Perfumeが出てるとか。

大谷 そっちのほうがウケるわけですよね。映像ありきだから。

 OK GOって、YouTube以降の状況に世界で最初に対応したバンドですからね。であるからがゆえに、その戦い方がこんなところまで来ちゃってる。


ウォーキングマシンを利用しコミカルに踊るメンバーの姿が話題を呼び、2007年度のグラミー賞(Best Short Form Music Video)を受賞

 で、これと全く同じ現象が生じているのが平井堅の「ソレデモシタイ」なんです。

柴那典 PLAY→平井堅
「ソレデモシタイ」

 このビデオ、何がすごいって、平井堅がインド人になってるんですよ。しかもインドで本気でロケをやってる。


▼ここより下はログインしたユーザーに表示されます。


大谷 いやあ、これは素晴らしい。平井堅の感覚は早いですね。DJでこの曲かけてこのダンスをそのまま踊らせたいな。

 ただ、これも曲そのものよりも映像とかネタの方が話題になってるわけなんですよね。

大谷 でも、これは逞しいと思いますよ。僕はそれでいいと思うし、逆にそれの何がいけないんだ?って思う。

 そうですよね。これは音楽単体でエンターテイメントになっていない例だけれど、僕もそのことにケチをつける気にはならないです。  それに、ハロウィンの盛り上がりを見ても思ったけれど、今の世の中って、気楽に楽しむ側の人たちと、それにケチをつける側の人たちに分かれてるような気がするんです。だったら楽しんでる側につきたい。

大谷 それにケチをつけてる側の批評って、楽しんでる側に届いてないですよ。だからコアな人達の市場もコミュニティも小さくなって弱体化してしまう。そういうのが見えてきたのが今年でしたね。

大谷ノブ彦 PLAY→キュウソネコカミ
「ファントムヴァイブレーション」

 大谷さんがそういう今年の流れの象徴だと思う曲はありますか?

大谷 キュウソネコカミの「ファントムヴァイブレーション」ですね。やっぱり僕はロックを応援したいし、なんでキュウソネコカミが好きかっていうと、この曲、ノベルティソングなんですよ。企画性のもとに作られた、コミックソングみたいな曲で。

 「スマホはもはや俺の臓器」というキーフレーズで、みんなスマホを手放せない、依存してるってことを歌った曲ですよね。映像もケータイ会社のCMとか、いろんなパロディの映像になってる。

大谷 でね、実はそもそも大滝詠一さんも、自分の作ったすべての曲をノベルティソングだってインタビューで言ってたんですよ。「ロングバケーション」だってノベルティソングとして作ったって。ドライブとか、いわゆる遊びの時間にかかる音楽として作った。

 ちゃんと聴き手のシーンを意識して作られた商品としての音楽ってことですね。

大谷 そういうノベルティソングこそがポップスだって思うわけですよ。クレイジー・キャッツだってそう。いわゆるコミックソングとして作られた「スーダラ節」が「わかっちゃいるけどやめられねえ」っていう一言で時代を射抜いた。それがポップな大衆性になった。ユニコーンの「大迷惑」だってそうですよね。そういう曲は今DJでかけても盛り上がる。

 キュウソネコカミの「ファントムヴァイブレーション」もそういう曲になる、ということですか?

大谷 そう! だって「スマホはもはや俺の臓器」って、「わかっちゃいるけどやめられねえ」と同じくらい時代を射抜いてる一言だと思うし。しかも、最後にまるでユニコーンみたいな切ないメロディで「僕らは結局ひとりぼっち」って歌うわけですよ。その感じがすごくポップなんですよね。

 なるほど。考えてみたら、キュウソネコカミって、ここまで話してきた「音楽単体じゃエンターテインメントとして戦えない」っていう状況に対応しているロックバンドだってことですね。

大谷 そう! だから僕はロックバンドのロマンを信じてるし、好きだから、今年を代表する曲はこれだって言いたいんです。こういう時代性をわかった上でやってるわけですからね。


次回、12/12更新予定は、音楽愛に逃げ込む人は嫌い……というお話!
KEYTALK、フレデリック、夜の本気ダンス、TOTALFATなどなど、いま心のベストテンを駆け上がっている音楽をプレイします!

構成:柴那典

関連記事

関連キーワード

コメント

cakes_PR https://t.co/ghAhjKWhO3 約2年前 replyretweetfavorite

NEODEAD @kensukeamari 特にダイノジはULTRA JAPANが目標と公言してただけに、DJカルチャー的にはすごく危険思想だったんですよね https://t.co/YZE9UwelvJ 約2年前 replyretweetfavorite

oretame 「僕はそのライブを観ながら、ULTRA JAPANにアップアップガールズ(仮)が出たら大逆転なんじゃないか?って思ったんですよ。」 https://t.co/QiPkDNKBmv 大谷さんエエこと言うわ 2年ぐらい前からUJに出た… https://t.co/t5KTAYYbAp 約2年前 replyretweetfavorite

oretame #uugirl #アプガ 約2年前 replyretweetfavorite