【これはプレビュー用画面です】
記事タイトル: 寝落ちから覚めたら、いきなり人生初の鼻血
プレビューページのURL: https://cakes.mu/creator/posts/draft/27226?preview=2e43027e8d22
公開時のURL: https://cakes.mu/posts/25381

寝落ちから覚めたら、いきなり人生初の鼻血

美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥さまと、2歳になった息子を育てる樋口毅宏さん。今回は2018年5月19〜21日の日記をお届けします。前回の日記はこちらからどうぞ。

5月19日

かず、居間で寝落ちから覚めたら、いきなり人生初の鼻血。
熱はない。咳もくしゃみも下痢もない。
大病じゃないかと不安になる。

絨毯についた自分の鼻血の跡をティッシュで拭いている。

翌朝、歯も磨かず眠ったので強制歯ブラシ。


昼間は麻布十番と新宿の公園をはしご。

途中見かけたお寺の標語に胸を打たれる。

5月20日

「ふさ、今後は金にならない、おひとよしの仕事になりそうな依頼人はすぱっと断ってくれるようになると期待しているよ」

2番目の子が生まれるため、釘を刺しておく。


▼ここより下はログインしたユーザーに表示されます。


ふさこは土日家から一歩も出ず。
つらい、しんどいと零すようになってから2週間が経過。

けれども食欲があるのが幸い。

日高屋でテイクアウトした唐揚げ、生姜焼き、キムチ、いわしフライ、餃子をペロリと平らげる。

5月21日

ふさこから連続メール↓
【いま、スタバのモカチップフラペチーノだけお腹に入れたんだけど、もしかしたら食べつわりかも。】

【食べてないと気持ち悪いのかもしれない。】

【事務所から東京駅のタクシー、空腹で気持ち悪かった】

【1回目食べづわりだったら2回目も食べづわりになるもの?】

俺↓
【そんなこたあない。】

確かにふさ以外見たことも聞いたこともない。どれぐらいの確率なのか。

70キロの現実、再び。。

夜、かずふみを連れて西麻布のラーメン屋、赤のれんへ。

お店が、かず用のコップと食器を出してくれた。ありがたい。

食事中、隣のテーブルに大学生と思しき数人が座ると、灰皿を要求した。

そうしたらお店の人が、「小さい子がいるので……」と、やんわり断った。

大学生のお兄ちゃんたちが、こちらに向かって、気が回らなかったとばかり、「すいません」とあたまを下げる。

こちらも「もうすぐ出ますので」とあたまを下げる。

赤のれんはもともと好きで通っていたけど、ますます好きになってしまった。

大嫌いなはずの、「感動」という言葉が込み上げてくるほどに。

関連記事

関連キーワード

コメント

cakes_PR 【新着】美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥さまと、2歳になった息子を育てる樋口毅宏さん。今回は2018年5月19〜21日の日記をお届けします。 https://t.co/zQImt2rwm8 2ヶ月前 replyretweetfavorite

cakes_news 自称ハードボイルド作家が綴る、過激な子育てエッセイ! 2ヶ月前 replyretweetfavorite