【これはプレビュー用画面です】
記事タイトル: ステップ2:単一食材をクリアしたら複数食材のものへ
プレビューページのURL: https://cakes.mu/creator/posts/draft/25356?preview=910093a2c45a
公開時のURL: https://cakes.mu/posts/23848

ステップ2:単一食材をクリアしたら複数食材のものへ

育児の大変さがマックスになる時期に、さらに大変な思いをして離乳食を作ることはありません。
栄養バランスや衛生面が優れた市販の離乳食をうまく使えば、赤ちゃんの健康・発達によいうえに、ママに時間の余裕ができます!
書籍『小児科医のママが教える 離乳食は作らなくてもいいです。』より掲載。毎週水・土に配信。

ステップ2
食べる種類を増やす。
単一食材をクリアしたら複数食材のものへ


単一食材を種類くらいクリアしたら、複数食材のものへと進めていきます

具体的には、次のようになります。

・シリアルは1日2回続ける(1回15g)

・シリアルに加え、複数食材の離乳食をあげる

・今まで食べたことのある食材を組み合わせたものならば、いつ食べてもOK

・はじめての食材がある場合は、アレルギー症状が出たらすぐに病院に行けるように、
 朝か昼にあげる

・牛肉、サケ、マグロなど、はじめての食材が含まれているときは、
 単一食 材のときと同様に、3〜4日続けてあげてみて問題がないか確認してください

・1食に1パックの離乳食だけで足りなければ、2パック食べても問題ありません

・朝昼同じ、もしくは朝夕同じ離乳食パックを続けてあげても問題ありません。
 清潔なスプーンで取り分け、保管しておくほうに液が入らないようにしてあれば、
 時間以内は使えます

まんべんなく栄養を摂るうえでおすすめの方法は、
「2nd Food」「Stage2」「7 カ月以降」と書いてある離乳食をまとめて購入し、
フルーツ、肉、(濃い)野菜、 魚、豆類などをうまく組み合わせてあげることです。

「5カ月以降」と記載してある日本製のものをあげてもよいのですが、
ものによっては性状がサラサラすぎるものもあるかもしれません。

「9カ月以降」と記載してあるものには鉄を意識して作っているものが多いので、
9カ月以前の子であっても、食べることができるようであればあげて問題ありません。


▼ここより下はログインしたユーザーに表示されます。



具材が大きければ、フォークでつぶしてあげるとよいでしょう。

小児科医のママが教える、ママも子どもも笑顔になれる育児革命本!

関連記事

関連キーワード

コメント

cakes_PR 【新着】栄養バランスや衛生面が優れた市販の離乳食をうまく使えば、赤ちゃんの健康・発達によいうえに、ママに時間の余裕ができます! 書籍『小児科医のママが教える 離乳食は作らなくてもいいです。』より掲載。毎週水・土に配信。 https://t.co/TGgnI4fX3o 1年以上前 replyretweetfavorite

cakes_news 小児科医のママが教える、ママも子どもも笑顔になれる育児革命本! 1年以上前 replyretweetfavorite