【これはプレビュー用画面です】
記事タイトル: ステップ1の2週目以降:はじめて口にする食材を1種類ずつ
プレビューページのURL: https://cakes.mu/creator/posts/draft/25355?preview=f83b083320f1
公開時のURL: https://cakes.mu/posts/23847

ステップ1の2週目以降:はじめて口にする食材を1種類ずつ

育児の大変さがマックスになる時期に、さらに大変な思いをして離乳食を作ることはありません。
栄養バランスや衛生面が優れた市販の離乳食をうまく使えば、赤ちゃんの健康・発達によいうえに、ママに時間の余裕ができます!
書籍『小児科医のママが教える 離乳食は作らなくてもいいです。』より掲載。毎週水・土に配信。

★2週目以降

ステップ1の第2週目では、シリアルに加えて、
野菜や果物など、はじめて口にする食材を1種類ずつあげてください。

1 回に子ども用スプーン2-3口から始めて、
アレルギーがなさそうなら毎回少しずつ食べる量を増やしていきます。

食べられる量はごく少ないので、使う分だけあらかじめ取り分ける、
また、使う分だけ作るようにするとムダが省けます。

使わなかった分は時間以内に使い切ってください。
使い切れなかったものは捨てるか、または、大人がおいしくいただくようにしましょう。

離乳食開始から1カ月経って食べられそうなら、1日3回にしてもよいです。

 朝 シリアル+はじめての食材を1種類ずつ試す
 昼 シリアル+これまで食べてOKな単一食材
 夕 これまで食べてOKな単一食材

市販の離乳食には、
単一食材(食材が1種類だけ使われているもの)と、
複数食材(いくつかの食材が使われているもの)の2種類があります。

単一食材のものを選ぶときは、
「5カ月から」「1st Food」「Stage1」と表記されているもののなかから、
食材が1種類だけ使用されているものを選ぶようにしてください。

複数食材のものは、「2nd Food」「Stage2」と記載され、
使われている食材がいくつか表記されています。

さらに使用食材が増えると、「3rd Food」「Stage3」と数字が上がっていきます。

3〜4日続けて同じものを食べさせてみて、
口の周りが真っ赤になる、嘔吐おうとする、しっしんができる、など
アレルギーを疑わせる症状がなけれ ば、次の食材へと進めていってください。


▼ここより下はログインしたユーザーに表示されます。


アレルギーかどうか判断に困った場合は、
症状の出た箇所を写真に撮って小児科へ持参し、医師の診断を仰いでください。

小児科医のママが教える、ママも子どもも笑顔になれる育児革命本!

関連記事

関連キーワード

コメント

cakes_PR 【新着】 https://t.co/EIYYweev2V 1年以上前 replyretweetfavorite

cakes_news 小児科医のママが教える、ママも子どもも笑顔になれる育児革命本! 1年以上前 replyretweetfavorite